徒然、時々晴々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

双星




例えばそう、夜空に浮かぶ名もない二つの星

近いようで遥かな距離を泳ぐ

何となく息苦しいまま 横たわる幾つもの時を経る



瞬間に咲く 季節外れの花火の音

それは正しく打ち立てられた世界の偶然

暗闇のカーテンを 激しく切り裂く光

きっとその時、僕らは同時に夜空を見上げたんだ


互いの光がわかった今

どんな困難も乗り越えて行くよ

喉が潰されたって

何度だって、君の名前を叫ぶよ


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/04/29(日) 22:57:24|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

start over again






随分長く眠っていたみたい

閉じた瞼を開けるのも躊躇うくらい

瞼の裏で繰り返し見ていた記憶の側

微かな光に開くのは新しい芽


まだまだ頼りない私が言うのも何だけれど

きっと君は大丈夫だから

巡り巡る世界を旅する風になって

いつかの君へ 届いているといいな

君がいなくても大丈夫だって

前より自身に満ちた声で 

掻き消された言葉を抱いて



ひとり、ぼうっと見上げていた空

どこにいたって、君は大丈夫だから



続きを読む
  1. 2012/04/23(月) 02:17:51|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

いつかの君へ




白いカーテンの合間

優しく撫でる風の午後

疑いもなく晴れた四月

彩りに溢れた庭の花々

これ以上ない開けた空を

ひとり、ぼうっと見上げてる


ねえ、

君は今でも元気かな

上手くやっているかな

私は多分、根本的なところは相変わらずで

何もかもを忘れてしまうのは

きっと、もう少し時間がかかりそうです


今もあの頃も動いている

街も

人も

空も

季節も


ねえ、あの日あの時あの踏切で

掻き消された言葉

私はそれから、手離せないでいて

目の前の桜色に満ちた帰り道は

きっと、忘れられそうにはないようです



開いた踏切を超えた世界を

想ってひとり、ぼうっと見上げてる




続きを読む
  1. 2012/04/18(水) 01:43:27|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

20番目の春

IMG_4298_convert_20120412225058.jpg




夕暮れの薄い雲の空に

紐解かれた心は何処へ行く


涙も枯れた俄雨の後

名残は今でも追い縋る


誰よりも、何よりも

遠く 高い所へ

辿り着く未来 そこに君がいなくても


こうやって、もう少し話をしていたいけれど

時はそれを許してはくれないみたいだ

君は生まれたばかりの春の夕暮れに

世界の終わりを準えているけれど

僕らはまだ何一つとして始まってない



信号はもう変わったみたいだ

だからもう
行くよ

巡り巡る世界の25番目の夏が来る頃には

君はもっと大人になっていて…


続きを読む
  1. 2012/04/12(木) 23:57:50|
  2. 写真詩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

休業宣言

続きを読む
  1. 2012/03/30(金) 03:01:12|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。