徒然、時々晴々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名前

思わず 吐いた ため息が
白く 空へ昇った
日毎たかなる 私の胸は
白く 曇っていった

もう どうせなら恋なんて
夜になれば あなたは私の知らない
違う誰かの こと を そんな気がしたから

雪が もし 溶けていかないものなら
私の想いは 消えぬまま
雪が もし いつか溶けていくなら
私は あなたを 忘れてゆくのかな

指先で 見つけた 雪の上
ずっとあなたの名前
互いに呼び合えることを
今も まだ 信じています

もう 止まらない恋ならば
雪のように 降り積もる言葉
あなたの名前 もう それだけでいいから

雪が もし いつか溶けていくなら
この胸の音も 止んで
雪は ただ いつか溶けていくから
いつかは私もあなたのことを

思わず 吐いた ため息が
白く 空へ昇った
その向こうで 今も あなたがいた
白く 降り止まない 雪の中で
スポンサーサイト
  1. 2011/02/11(金) 21:35:52|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<言葉 | ホーム | 高く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://likeabird89.blog28.fc2.com/tb.php/9-bf901c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。