徒然、時々晴々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

航海

短冊や流れ星やあらゆる縁起物に
掲げたかつての憧憬を
何時からだろう
「所詮はこども騙しの夢なんだよ、
無理なんだよ」と笑うようになったのは

転んでは躓いては
時代のせいにして済ましてしまうんだ

人並みに浮かべた夢は
寄せては返す波の上
いとも簡単にひっくり返ってしまう

そして何時しか悟る
夢なんかみるんじゃなかったと



傍観者の嘲笑を跳ね退けて
門出を踏み出す旅人に
なりたかった
無難に着こなすステータスなんかを
これみよがしに示しながら

大抵の蛙の子は蛙だとしても
井の中から飛び立てば
自由に空を羽ばたける日が来る

人波に紛れた夢は
寄せても返らぬ時の波
語らぬままに消え去っていく

それでもまだ広がる海を
いくつもの船に乗り合わせて


信じていれば願いは絶対に叶うほど
きっとこの航海は甘いもんじゃない
いくつもの後悔に苛まれたとしても
帆を張り続け未だに信じているのは
きっとまだ何も成し遂げていないからなんだよ
何かがその瞬間を今だって待ってる

スポンサーサイト
  1. 2011/06/09(木) 07:16:34|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<< | ホーム | 短編#4 日々の徒然 最近>>

コメント

最後の方が好きです
私も無理そうな事を未だに信じてますもん

否定しながらも結局は夢を肯定してるような詩・・・
tamさんの中でも考えがいろいろあるのかもしれません

何にせよ
いつかは夢叶うといいですよね
  1. 2011/06/12(日) 21:53:34 |
  2. URL |
  3. すとりーと #aeh.Xfw2
  4. [ 編集 ]

>すとりーとさん

こんなことを言えば不遜に思われるかもしれないのですが、
大して努力も投資もしていないのに、半端に夢をぶら下げてなんとなく過ごしている…
そんな同年代でそんな人が多いな、って気がして。
彼等はどんな将来像を抱いて大学に入学して今に至るのだろう?そんな疑問です。

人は器に応じて成長していく生き物…らしいので、惜しまない努力が大切なんだと思います。

  1. 2011/06/14(火) 03:38:43 |
  2. URL |
  3. tam #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://likeabird89.blog28.fc2.com/tb.php/79-77d77c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。