徒然、時々晴々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

見間違い

短く流れてく髪
こどもみたいに幼い顔立ち
小さな背丈
無邪気で大きな瞳
風のように透き通る声

見間違い かな?

向かいのバス停に立っていたのは

もう君に随分と会っていない


春の日向の花の匂い
きっとそんな風景が似合う
おとなしい 佇まい
抱きしめたい その背中
儚く 触れる 細い指

見間違い
なら 
僕は眠るように安堵する

見間違い 
ではない なら
僕には もう 明日がないように

見間違い
なら
また明日 また明日こそ と

見間違い
ではない なら
君の名前を叫べなかった
自分を ただ 憎む

見間違い わからない
ただ一つ 間違いのない こと は

君がいるから 今の僕がいるということ


にほんブログ村 ポエムブログ 日常詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2011/02/09(水) 23:11:22|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高く | ホーム | 突然の雨>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://likeabird89.blog28.fc2.com/tb.php/7-1f565079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。