徒然、時々晴々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

影踏み

いつもの公園 風に揺られているブランコで
君の面影 思いだして「懐かしいね」と
僕の隣で ぼやけていく影に呟いた

こどもの笑い声 弾むボールに射す光
揺らぎそうな頼りない影を踏んだのはいつも君

夕立に掻き消される君の声
振り返れず足元の影に預けたままにして
二つの影が重なった「さあ、帰ろう」
つかまえた君の影「ほら、前を向いて」


信号辺りの いつもの通りのコンビニで
君の面影 見つけて 西日が眩しくて
すれ違い また出会い 見つけて 見失い
きっと今の僕には引きとめられないんだ 

後ろから影踏み 抱きしめて もう離さないように
揺らいでばかりの頼りない影に さよならをして

小指と小指で「いつもの場所ね」って
取り残された ひとりで揺らすブランコで
明日へ伸びる影を先につかまえるのは
やっぱり、いつだって君
影を明日に延ばしていくのは
やっぱり僕だったのかな


駅の改札 大通り 交差点
帰りのバスの中 通りかかるいつもの公園
幼きなごりを胸に 君の面影探し
思い浮かべる帰り道

夕立に掻き消された僕の声
その時まで預けておくから 今はいいんだ
君の影だって抱きしめられるその時まで
今はまだ踏み出さないでほしいんだ
だから今日は 今だけは さよならをして






昨日の深夜のバイト帰りに浮かんできました。


いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 ポエムブログ 日常詩へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
  1. 2011/04/02(土) 01:02:02|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<朝は来るよ | ホーム | 春服>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://likeabird89.blog28.fc2.com/tb.php/49-5da97dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。