徒然、時々晴々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

along

風が止んで街は止まる
渦巻く風はより高く
それを見上げる君は 何処を目指すの?
君にしかわからない

はしゃぐだけの日々
いつの間にか終わってしまって
夏の終わりみたいに 空虚だった
将来について話してみたり
出来るなら目を反らしたかったけど
真剣な目の君は 震えていた

身の程知らずをわかっていても
やっぱりなるたけ傍に居たいから
続きのわからない映画みたいだね
少し無理して笑った 本当はわかってた

水面の中 手を延ばせば
会えそうだった もっと深く
見失ってしまったの?それすらわからない
これから何処へ向かうのだろう

夕暮れの帰り道
当たり前のように二人歩いて
秋風が通り過ぎても 変わんなかった
初めて書いた小説みたい
見え透いた結末 そうだったらいいよね
咄嗟だったんだ 君の名を叫んだのは

凍える程の冬が来ても
とりあえず何時も傍に居たいから
呼ぶ声がする 君は導かれて
風がそよ吹く水面は揺れていた

出会いと別れを繰り返し
誰もがそれぞれの選んだ道を進む
離れ離れ それが決まりなんだって
夢の世界は永遠じゃない
だけど歩こう 少しずつ少しずつ

身の程知らずかわからないけれど
それでもいいんだ傍に居られたら
物語みたいに綺麗じゃないけど
そんなものだよ

夜の風が通り過ぎる
後ろめたいの?君は振り返る
星が降り注ぐような空を見上げる
そろそろ帰ろうよ
涙は無理に拭かなくてもいいから






一年半くらい前に作った曲の歌詞です。
音声をアップできる環境がほしいです。

クリックお願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 日常詩へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
  1. 2011/03/26(土) 20:48:38|
  2. 過去作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<春服 | ホーム | 彗星>>

コメント

これはヤバイですね☆
今までに見た詩の個人的ランキングの中で
そうとう上位ですよ

>続きのわからない映画みたいだね

ここがよかったです

>初めて書いた小説みたい
見え透いた結末 そうだったらいいよね
これも詩的でいいですね

歌詞かもしれませんが
詩としても十分威力はあると思います
  1. 2011/03/27(日) 10:12:04 |
  2. URL |
  3. すとりーと #aeh.Xfw2
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございました。

でもやっぱりあたしなんですよね。
かっこつけも、弱虫も、しっかり者も、強がりもみんな。
今は落ち着いています。

ではまた。
  1. 2011/03/28(月) 18:01:38 |
  2. URL |
  3. つむぎやさん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>すとりーとさんへ
高く評価して頂けたようで…
ありがとうございます。

>続きのわからない映画みたいだね

>初めて書いた小説みたい
見え透いた結末 そうだったらいいよね

ここは何の滞りもなく自然に浮かんできたと思います。
以前に書いたものなので曖昧ですが…

なんにせよ、いつもコメントありがとうございます。
  1. 2011/03/28(月) 20:36:29 |
  2. URL |
  3. tam #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> つむぎやさんへ
どんな形であれ、今の自分をしっかり見つめることができたなら
それは本当に素敵なことだと思います。
僕も荒れに荒れていた時期があったので
感覚的に過ぎませんが、理解できます。

ではまたよろしくお願いします。
  1. 2011/03/28(月) 20:41:15 |
  2. URL |
  3. tam #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://likeabird89.blog28.fc2.com/tb.php/47-f2c25389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。