徒然、時々晴々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

君と僕、#3

冬の匂いが微かにした11月
堅いシート 揺れるバスの中

冬の匂いが俄かににした11月
そうだ 忘れようのないその頃
狭い車内 それすらも気にならない
初めて目にした君をずっと見ていた

年はいくつだろう?
趣味はなんだろう?
いつもと同じバス停で
そんなことを考えて
それでも時間は待ってくれなくて

秋の匂いが薄れた気がした11月
君が頭に住み着いて幾日
わずかでも関係を抱けるバスを
忘れた頃には楽しみでならなくて

学校はどこだろう?
住まいはどこだろう?
いつもと同じバス停で
そんなことを考えて
時間はやっぱり過ぎて行って

秋の匂いが消えた気がした11月
きっかけを掴むきっかけなんかなく
君がいない 過ぎれば考えたくもない
そんなことばかりが膨らんで行くんだ

受け止めた初めての感情は
今も僕の中に存在していて
毎日朝が来るまでずっと話してた

冬の匂いが確かにした11月
少しずつ歩み寄れる気がしていた
ほら 今日もいつもと同じバス停
バスは揺れながら僕らを乗せて




もう三週間か一月ほどあってません。
勉強が忙しいとか、バイトが忙しいとか理由なんて
どうこう後付けできるものです。
本当は会うことを避けているのかもしれません。
嫌われるよりはまし、とか。
でも逃げ道ばかりを探してもプラスになることはありませんよね、何事も。

クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 日常詩へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
  1. 2011/03/06(日) 19:18:34|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<電話 | ホーム | まやかし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://likeabird89.blog28.fc2.com/tb.php/29-eb886056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。