徒然、時々晴々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

start over again






随分長く眠っていたみたい

閉じた瞼を開けるのも躊躇うくらい

瞼の裏で繰り返し見ていた記憶の側

微かな光に開くのは新しい芽


まだまだ頼りない私が言うのも何だけれど

きっと君は大丈夫だから

巡り巡る世界を旅する風になって

いつかの君へ 届いているといいな

君がいなくても大丈夫だって

前より自身に満ちた声で 

掻き消された言葉を抱いて



ひとり、ぼうっと見上げていた空

どこにいたって、君は大丈夫だから









今までで一番タイトルに悩んだかもしれない。
実生活での悩みも絶えない。

なんか、面白い本ないかなあ。
と言うことで、おすすめの本があったら教えて下さいm(_ _)m

スポンサーサイト
  1. 2012/04/23(月) 02:17:51|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<双星 | ホーム | いつかの君へ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/04/23(月) 06:40:13 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

start over ではなくて start over again

白いキャンバスには何が描かれるのかな

素敵なタイトルですね♪
  1. 2012/04/23(月) 07:02:23 |
  2. URL |
  3. シェリーいすちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Re: シェリーいすちゃんさん

> start over ではなくて start over again
>
> 白いキャンバスには何が描かれるのかな
>
> 素敵なタイトルですね♪

本当、タイトルに悩みました。
againはなくてもいいなあと思いつつも、語呂の良さで決めた感じです。

これも一応、「いつかの君へ」の続きを書いて見ました。
白いキャンパスに描かれるのは、本当の意味で新しい未来なんでしょうね。

コメントありがとうございました。
  1. 2012/04/23(月) 23:24:08 |
  2. URL |
  3. tam #-
  4. [ 編集 ]

いいね

人が生きていく上で、いろいろなことがあって、なかなか思うように進まない。
立ち止まったり、他のことをトライしたり、元に戻って初めから再スタートしたり。
ひとへの思いやりもあって。
やぁ いろいろ考えさせられる良い詩ですね。
  1. 2012/04/25(水) 09:05:21 |
  2. URL |
  3. アランフェ #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

タイトルから、ホントは強がってるけどもう一度やり直せたら…
叶わぬ願い
私はまだ君を思い出します。
君はまだ私を思いだしますか?
なんて思ったり。(裏側見すぎですね/笑)

本は漫画?小説?なんでもokですか?
ミステリー小説好きなので、小説のおススメで!
「奪取」真保裕一
読まれてなければ、古いので古本屋で安く買えると思いますよ。
  1. 2012/04/25(水) 13:47:06 |
  2. URL |
  3. 天邪鬼 #/X6f3h.Q
  4. [ 編集 ]

随分長く眠っていたみたい

>閉じた瞼を開けるのも躊躇うくらい

>瞼の裏で繰り返し見ていた記憶の側

>微かな光に開くのは新しい芽

に胸をやられちゃいました……。こういう表現があったかー!って感じです。春のような暖かい日差しに包まれた雰囲気が好きです。

切ないけれど、そこまで湿っていない…まさに春ですね。


  1. 2012/04/26(木) 18:06:56 |
  2. URL |
  3. ゆみ #-
  4. [ 編集 ]

Re: アランフェさん

> 人が生きていく上で、いろいろなことがあって、なかなか思うように進まない。
> 立ち止まったり、他のことをトライしたり、元に戻って初めから再スタートしたり。
> ひとへの思いやりもあって。

間違っても、誤っても、躓いても、引き離されても、見失っても、
決して終わりではないんですよね。
start over again = 再出発 が表すように、
やっぱりいつだってスタート地点なんでしょうね。人って。

> やぁ いろいろ考えさせられる良い詩ですね。

いえいえ、ありがとうございます。
個人的には、人によって解釈が異なる(多分)自信作を書けたと思います。
これ以上を今後書けるかなあ(笑)

コメントありがとうございました。
  1. 2012/04/27(金) 02:13:28 |
  2. URL |
  3. tam #-
  4. [ 編集 ]

Re: 天邪鬼さん

> タイトルから、ホントは強がってるけどもう一度やり直せたら…
> 叶わぬ願い
> 私はまだ君を思い出します。
> 君はまだ私を思いだしますか?
> なんて思ったり。(裏側見すぎですね/笑)

「いつかの君へ」の続作ということを考えると、かなり近いです。
「いつかの君へ」では、まだ少し忘れきれなくて、思い出に縛られている感じで…
で、君からひとり立ちしていく…と、いった感じで。
でも、やっぱり解釈はそれぞれですね。棚からぼた餅ですけど(笑)

> 本は漫画?小説?なんでもokですか?
> ミステリー小説好きなので、小説のおススメで!
> 「奪取」真保裕一
> 読まれてなければ、古いので古本屋で安く買えると思いますよ。

追記まで見て頂いてありがとうございます。
恥ずかしながら、ほとんど小説を読まないので…
まずは、図書館でチェックしてみたいと思います。

コメントありがとうございました。
  1. 2012/04/27(金) 02:24:54 |
  2. URL |
  3. tam #-
  4. [ 編集 ]

Re: ゆみさん

> 随分長く眠っていたみたい
>
> >閉じた瞼を開けるのも躊躇うくらい
>
> >瞼の裏で繰り返し見ていた記憶の側
>
> >微かな光に開くのは新しい芽
>
> に胸をやられちゃいました……。こういう表現があったかー!って感じです。春のような暖かい日差しに包まれた雰囲気が好きです。

春は心地よいうとうとが纏わり付いて…(笑)
睡眠的な意味でも、精神的な意味でも、おもむろに目覚める感覚は春特有のものですね。
でも、眩しいので「目」は開かずに、「芽」が開いていくような。

> 切ないけれど、そこまで湿っていない…まさに春ですね。

春の切なさって、何故か爽やかですよね。
常に前向きになれる感じで。何のホルモンが働いているんだか(笑)
事実、最近は自分でも引くくらい前向きなような。

コメントありがとうございました。
  1. 2012/04/27(金) 02:36:43 |
  2. URL |
  3. tam #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://likeabird89.blog28.fc2.com/tb.php/163-9aa4ea07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。