徒然、時々晴々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひらひら





想うだけ想って

報われないのは 仕方が無いって

夢見た春は 私には遠すぎて 

桜の花弁は 永遠なんてないと

ひらひら 落ちていく



夢見た春は 私には眩しくて

想いの数と同じだけ

桜の花弁は 春を告げる風に乗る









桜から別れを連想してしまうのは、「秒速5センチメートル」のせい。
いや、大好きな作品なんですけどねw


卒業ソングを作ろうと思い、ペンを執りギターを鳴らしとしても、全く浮かんでこない…
出来が良ければアップしたい(可能なら)と思っていますので、卒業についてエピソードでもネタでも提供してくれると嬉しいです。
無理に作品についての感想は求めませんので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/18(日) 02:03:18|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10
<<風の帰り道 | ホーム | 祈り>>

コメント

卒業式の記憶が、泣いたとか、思い切って告白したとか、
そういった甘酸っぱい類いの思い出が全然ありません…
なんか自分が寂しい人間に思えてきました。

先日はリンクして頂き、ありがとうございました。
こちらからもリンクしたいのですが、宜しいでしょうか。
どうぞお願いします。
  1. 2012/03/18(日) 02:27:58 |
  2. URL |
  3. 安田 勁 #-
  4. [ 編集 ]

秒速5センチメートル、すこしまえからずっと気になっていたのですが、お別れのおはなしなのですか!

卒業……送る側だと、あこがれの先輩からボタンやリボンをむしり取るげふごふ、いただいたりしますね!
あとは一緒に写真を撮ったり、手紙を交換したり。
なんだかありきたりなエピソードですみません!
  1. 2012/03/18(日) 20:37:32 |
  2. URL |
  3. 氷華 #Sxef2L9E
  4. [ 編集 ]

Re:安田 勁さん

> 卒業式の記憶が、泣いたとか、思い切って告白したとか、
> そういった甘酸っぱい類いの思い出が全然ありません…
> なんか自分が寂しい人間に思えてきました。


いえいえ、そんなに卑下しないで下さい 笑
ぶっちゃけ、そういうのは架空の世界だからこそとも考えられませんか。
むしろ淡々として粛々とした卒業式も雰囲気があって素敵ですよ。

僕は、なんだか嬉々としていたような。
少なくとも、絵や歌にはなりそうにもない3月だったと思います。

> 先日はリンクして頂き、ありがとうございました。
> こちらからもリンクしたいのですが、宜しいでしょうか。
> どうぞお願いします。

むしろこちらこそよろしくお願いします。
ご丁寧にありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。
コメントありがとうございます。

  1. 2012/03/18(日) 22:57:46 |
  2. URL |
  3. tam #-
  4. [ 編集 ]

Re: 氷華さん

> 秒速5センチメートル、すこしまえからずっと気になっていたのですが、お別れのおはなしなのですか!

失恋と言うか、離別と言うか、決別とか再出発とか、そんなニュアンスが近いと思います。
「男の恋は名前を付けて保存、女の恋は上書き保存」受け売りですがそんな感じです…
背景や音楽と相まって、初見は辛く感じます。素敵な作品に違いないんですけども。

> 卒業……送る側だと、あこがれの先輩からボタンやリボンをむしり取るげふごふ、いただいたりしますね!
> あとは一緒に写真を撮ったり、手紙を交換したり。
> なんだかありきたりなエピソードですみません!

追い剥ぎという言葉が頭を過ぎりましたが…笑
思い出を大切にするあたり、女子っぽいですね。
ありきたりなんてことはありませんよ。色々とイメージが膨らみます。

貴重なご意見、コメントありがとうございました。
  1. 2012/03/18(日) 23:12:19 |
  2. URL |
  3. tam #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

全く浮かんでこない…気持ち共感します。
僕も全くで、こりゃ枯れたかな?と思っています。

僕の卒業エピソードでもお役に立てれば!
教師にお礼参りってのは、役に立たなそうなので…
中卒だと、妙に大人の真似事を酒とか皆で飲みに行きましたね。
今考えると、大人に反抗していたくせに大人の真似事して…
背伸びしながら生きていたなぁ、なんて思います。

ちょっと、卒業エピとは違ったかも知れません。
  1. 2012/03/19(月) 14:34:29 |
  2. URL |
  3. 天邪鬼 #/X6f3h.Q
  4. [ 編集 ]

最近、失恋しました。
落ち込むと同時に、思うようにいかないことを楽しんでもおります(笑)

卒業などに関するネタですか。。。
可愛い女の子に、片っぱしから声をかけ、私の制服のボタンをこちらから提供(無理やり)したことは、若いゆえの過ちだったのかもしれません。
  1. 2012/03/20(火) 06:16:22 |
  2. URL |
  3. ゆーやけ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 天邪鬼さん

> 全く浮かんでこない…気持ち共感します。
> 僕も全くで、こりゃ枯れたかな?と思っています。

詩を書きたい時の気分って、ブルーな時が多くありませんか?
そういう意味なら現実が忙しいということで…

と、言うよりも、無理に書こうとするのはあんまりよくないような気がします。
良いフレーズは自然に生まれてくるものですね、多分。

> 僕の卒業エピソードでもお役に立てれば!
> 教師にお礼参りってのは、役に立たなそうなので…

教師への感謝って、月日を経て初めてわかるものだとわかった今日この頃。
「仰げば尊し」のような。

> 中卒だと、妙に大人の真似事を酒とか皆で飲みに行きましたね。
> 今考えると、大人に反抗していたくせに大人の真似事して…
> 背伸びしながら生きていたなぁ、なんて思います。
>

なんかいいですね~ そういう思い出。
って、中卒でお酒を飲みに行くのって直ぐばれそうですね(笑)

馬鹿げたことが楽しかった日々、変なものに憧れを抱いた日々、
もうちょっと、遊びたかったですね。

> ちょっと、卒業エピとは違ったかも知れません。

いえいえ、貴重なお話ありがとうございます。
打ち明け話はやっぱり楽しいですねw

コメントありがとうございました。
  1. 2012/03/20(火) 13:44:19 |
  2. URL |
  3. tam #-
  4. [ 編集 ]

Re:ゆーやけさん

> 最近、失恋しました。
> 落ち込むと同時に、思うようにいかないことを楽しんでもおります(笑)

お気の毒に…
失恋って、相手に既に恋人がいるってわかった時が一番悲しい。
想いを打ち明けることすら出来ませんから。
あっさり過ぎて物語にもなりません。

ポジティブですねw
ゆーやけさんに新しい春が舞い込むことを祈ります。

> 卒業などに関するネタですか。。。
> 可愛い女の子に、片っぱしから声をかけ、私の制服のボタンをこちらから提供(無理やり)したことは、若いゆえの過ちだったのかもしれません。

思わず、笑ってしまいましたw
制服のボタンをあげるのって定番ですね。無理やりの提供は初耳ですが…w
学生時代なんて過ちを犯して然りでしょう!
良い子ちゃんぶる青春なんて面白くない!
はず。

久しぶりのコメントありがとうございました。
  1. 2012/03/20(火) 14:02:31 |
  2. URL |
  3. tam #-
  4. [ 編集 ]

ちょっと遅いんですが卒業エピソードです

私には親友がいて
しかもその人をちょっと好きでした
自分はこの人と高校3年間一緒に過ごしていっしょに卒業するんだなと思うと
それだけで涙が溢れるくらい好きでした

それなのに
私は突然病気になり
わずか1年半で高校を辞めることになりました
突然救急車で運ばれて
最後に何を話したかも覚えていません
私達はあまりにも早く離れ離れになりました

メールアドレスを知っていたので
毎日メールを送り続けました
向こうも迷惑になるだろうから
卒業式が終わると
一切メールをやめて手を離したんです

その日の夢
彼女と私が雪の降る中一緒に歩いていて
彼女が突然「君と一緒に卒業できてよかった」って言うんです
私も「君に会えてよかったよ」って言います
そこで目が覚めたんです

卒業できなかった私のために
彼女が夢で伝えにきてくれたんだなと
飛び起きてから泣きました

長々とすみません
  1. 2012/03/24(土) 21:17:02 |
  2. URL |
  3. すとりーと #-
  4. [ 編集 ]

Re: すとりーとさん

> ちょっと遅いんですが卒業エピソードです
>
> 私には親友がいて
> しかもその人をちょっと好きでした
> 自分はこの人と高校3年間一緒に過ごしていっしょに卒業するんだなと思うと
> それだけで涙が溢れるくらい好きでした

いいですね、パートナーのような。
「親友」と言い切れるところに絆の深さを感じます。
すとりーとさんの事情は、ある程度ブログで読ませて頂いていますが、
学校において心の支えであったことは容易に想像出来ます。

> それなのに
> 私は突然病気になり
> わずか1年半で高校を辞めることになりました
> 突然救急車で運ばれて
> 最後に何を話したかも覚えていません
> 私達はあまりにも早く離れ離れになりました
>
> メールアドレスを知っていたので
> 毎日メールを送り続けました
> 向こうも迷惑になるだろうから
> 卒業式が終わると
> 一切メールをやめて手を離したんです

第三者ですらない僕が言えることでもないのですが、
普通、高校生くらいの年頃って、自分達とは違うものとか、
足並みの会わないものに酷く敏感であるものに対して、
いつも変わらずに接してくれるそのお友達もすとりーとさんが好きだったのでしょうね。


> その日の夢
> 彼女と私が雪の降る中一緒に歩いていて
> 彼女が突然「君と一緒に卒業できてよかった」って言うんです
> 私も「君に会えてよかったよ」って言います
> そこで目が覚めたんです
>
> 卒業できなかった私のために
> 彼女が夢で伝えにきてくれたんだなと
> 飛び起きてから泣きました
>
> 長々とすみません

浅はからぬ縁は、思いもしないところで巡り合うものなんでしょう。
夢で会うっていいですね。
なんだかファンタジーです。

コメントありがとうございました。
  1. 2012/03/26(月) 23:54:02 |
  2. URL |
  3. tam #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://likeabird89.blog28.fc2.com/tb.php/155-0d8ae2e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【徒然、時々晴々】

想うだけ想って報われないのは 仕方が無いって夢見た春は 私には遠すぎて
  1. 2012/03/18(日) 12:56:04 |
  2. まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。