徒然、時々晴々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンティニュー

煮え切らない思いを抱えた少年は
今日も見せかけの制服に身を包む

僕は僕にすらなれずに
誰になることもできずに
怪訝な顔した鏡の僕を
見て見ないふりをした


時計の針は相変わらずの単純作業
僕は解けない問題を机に並べる作業

使い古したVTRのようだ
BGMも鳴らないまま
昨日の続きが始まろうとしている


多くの先人達を嘲笑うように
僕らは当たり前を当たり前のように受け入れる
まだほんのりと暗い町の真ん中で
昨日の続きへと赴こうとしている


太陽が昇る 東の空
朝靄の中をただ真っ直ぐに照らす
曲りなりでしか生きられない僕を
前倣えに取り憑かれた日常を

眩しくて 眩しくて 沁みるよ

心が



痛いよ


  1. 2011/12/15(木) 16:21:01|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。