徒然、時々晴々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そのスピードで

もう二度と会えず
「最初で最後の初恋」
そんな設定を決め込んでいた
綺麗な額縁に仕舞い込もうと思えば
地球の回るスピードに追い付かれて

いつもは研ぎ澄ました直感も
溢れる言葉に押しつぶされて
仕舞い、にはただ時が過ぎていくだけ
嬉し苦し紛れの相槌に
眠れないほど後悔する日もあるけど

僕のスピード 君のスピード
思いがけない道の途中で
それを運命と決め込むには
僕のスピードは遅すぎたんだよ
間に合わせて見せるから 少し待っててよ



きっと人より一歩控えた君のスピード
お互いさまだよ 何となく前に進めないのは
だからじゃないけど 僕が背中を押していよう
急がなくてもいい 慌てなくてもいい
君も僕をさりげなく支えておくれよ

今はぎこちないスピードでいいから
明日も笑っておくれよ
君は君でいいから
いつかその場所へ そのスピードで


  1. 2011/04/26(火) 01:20:20|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。