徒然、時々晴々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春服

今年の春のために 買っておいた春服
少し大人になるために 君に振り向いてもらうために

雑誌で見たみたいに 上手く着こなしているつもりなのに
君の視線は 一体何処を見ているの?

想うことばかりで想われることはないから
また今年も 春風にひとりぼっち
想うんじゃなくて 想われる人になりたいと思った
おろしたての春服に袖を通して


自分らしさがわからなくて 誰かの真似をしてみたり
ただ君に振り向いてほしくて
それでも振り向いてほしくて

新しい春服に身を包んで
鏡の前 少し変われた気でいた
君の視界に私はいないのに
心躍らせて 春服を着ていた

想うことばかりで 省みること忘れていたから
夢見てばかりの私はひとりぼっち
想うんじゃなくて 想うだけじゃなくて
想われる人になれたなら

君を少しの間、忘れられる 今はまだわからないけど
これから新しい私という 春服に袖を通して


スポンサーサイト
  1. 2011/03/28(月) 21:54:05|
  2. 詩、詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。